台湾旅行で台北101の展望台は上るべき?101は景色だけじゃない
スポンサーリンク

台湾の有名な観光名所で超高層タワーと言えば、台北101です。ここは台湾の観光地の中でもトップクラスの認知度ではないでしょうか?さて、そんな台北101ですが、台湾旅行を予定する中で「あまりにもベタすぎないか?」「お金がもったいない気も・・」「展望台に上っても景色を見るだけでしょ?」という理由で台北101に行くべきか悩む方もいらっしゃるようです。

そこで今回は、台北101に行くべきかを悩んでいる方に向けて、台北101を紹介したいと思います。特に初めての台湾旅行で「台北101をスケジュールに組むべきか悩んでいる」という方は是非ご一読ください。

スポンサーリンク

台北101とは?

台北101は、2004年に600億元(約2068億円)をかけて建てられた台北市にある地上101階建て(地下5階)の超高層タワーです。

2004年当時は、世界一の高さを誇りました。

主な施設は、地下にグルメエリア、低層階にショッピングモール、中層階にはオフィス・コンビニ・カフェ、高層階には展望台・レストラン・宝石展示販売所などが入っています。

低層階のショッピングモールには化粧ブランドや高級デザイナーブランド多数、中層階のオフィスの中には誰もが知るような有名大手企業が多数という、超高級高層ビルですので、展望台に上る・上らないに関わらず、一見の価値がある建物ではあります。

 

また、毎年年末に台北101で行われているカウントダウンも有名です。

カウントダウンが始まり、カウントが「0」になると同時に台北101タワー全体から一斉に花火が上がる光景もた一見の価値ありです。

※台北101のカウントダウンと花火が上がる光景が気になる方は、当サイトの別記事台湾の2020年(民国109年)1月カレンダー。主な行事と連休は?をご覧ください。記事内に動画を掲載しています。

 

スポンサーリンク

台北101の高さは世界レベル

台北101は世界的にも、超高層のタワーとして知られています。

その高さですが、紹介しているメディアによって若干違いがあり、509.2mと説明されているところと、508mと説明されているところがあるようです。

台北101タワー屋内での記載によると、上記画像にある世界の高層タワーとの比較紹介で508mとなっていました。

タワーの全長で見ると、日本の東京スカイツリーには及びませんが、海外の世界的に有名な超高層タワーの最上階に上る機会というのはそうあるものではありません。

展望台から360度全方位の景色を見渡すことができます。

台北101が世界レベルの超高層タワーという点だけでも、展望台に上る価値は十分にあるでしょう。

過去に展望台に上ったことがある方は価値を感じることはないかもしれませんが、初めて台湾旅行をする方であれば「世界的な高さを誇る台北101に上ったことがある」という経験値を得ることができます。

せっかく台湾旅行に行くのに、そのチャンスを捨てるのはもったいないと思いませんか?

「台湾に行ったことはあるけれど、台北101の展望台には上ったことがないんだよね・・」では、帰国後に後悔するかもしれません。

チャンスがあれば、是非台北101に上ってみましょう。

 

スポンサーリンク

台北101は、展望台に上る途中も楽しめる

「ただエレベーターに乗って、展望台まで上る。」

というような想像をしている方もいると思いますが、台北101のチケット売り場(5階)でチケットを購入してから展望台に上るまで、ちょっとしたアトラクション待ちのような楽しさがあります。

台北101の展望台に上る前には、エレベーターに乗るまでの途中に思い出用の写真撮影があり、ここで撮影された写真は後で購入(買いたい人だけが買う)することができます。

また、エレベーター内もアトラクションのような感じです。

台北101の展望台に続くエレベーターは、「2004-2015 ギネス世界記録の世界最速エレベーター」で、乗っている感覚も普通のエレベーターとは少し違います。

また、動き出すとエレーベター内は真っ暗になり、周囲はキラキラと光りだします。

エレベーター内にはディスプレイが付いており、エレベーターの速度・高度・到着までの時間を確認することができます。

ちなみに、展望台までは数十秒で到着します。

 

台北101の展望台から眺める景色はどう?

この写真は台北101の展望台から見た、明るい時間帯の景色です。

やはり、超高層タワーなだけあり、眺めは綺麗です。

明るい時間帯であれば、上の写真のように台北市のはっきりとした街並みを360度、生で見渡すことができます。

また、日が落ちるにつれて景色は少しづつネオンの輝く夜景へと変化していきます。

台北101の展望台から見る夜景は、360度見るポイントによって全く違います。

是非、生の夜景を楽しんでみてください。

 

台北101の展望台フロアには、お店や展示物がある

台北101の展望台フロアの中には、デザート屋さんなどの飲食店や、お土産屋さんが入っており、台北101限定の商品やグッズも販売されています。

また、LEGOブロックで作られた台湾の有名な観光名所の数々が展示されています。

ちなみに、右上の写真が「台北101の悠遊卡(ヨーヨーカード)」で、右下の写真がLEGOブロックで作られた「中正記念堂」です。

ただ景色を見るというだけでなく、展示物の鑑賞をしたり、お土産探しや限定商品を買うことができるという点もまた、台北101の魅力の一つです。

 

台北101は、展望台を下りる途中も楽しめる

台北101の展望台から景色を見終わった後、下りのエレベーターに向かうまでのルートの途中にも注目のみどころが2つあります。

 

その一つが、上の画像「チェーンマストダンパー(TMD)」という暴風対策のために設置されている大きな球体です。

この球体は、台北101の内部(87階~92階)の吹き抜け空間に設置されている制振装置で、重量は660トンあるのだそうです。

球体は、上から4本束1セットの太いケーブル(4ヶ所)で吊るされており、斜め下から支柱が球体下部各所を支える形で設置されています。

激しい台風で台北101が揺れるようなことがあれば、この装置が台北101の揺れを吸収分散してくれます。

写真では球体の大きさがいま一つ分かり辛いですが、101階建ての超高層タワーを守る装置というだけあり、間近で見るとかなりの迫力があります。

 

展望台を下りるエレベーターに向かうルートの途中にある、もう一つの注目のみどころは「綺麗珊瑚」という宝石珊瑚を扱うお店のフロアです。

とにかく様々な珊瑚が並ぶフロアで、中には日本円に換算して数千万円するような宝石珊瑚も販売されています。

上記の写真にあるような、巨大な珊瑚の美術品を目にする機会はそうありません。

このフロアで珊瑚の近くを通る際の注意点

販売されている珊瑚に、体や携帯品がぶつかって傷付けたり落としてしまったりしないよう、ご注意ください。美術品として展示されている珊瑚はディスプレイの中にあるためその心配はありませんが、販売品はテーブルの上に置かれただけの物があるため、近くで鑑賞する際には注意しましょう。

 

台北101 展望台チケット売り場の場所

5階にある展望台チケット売り場へは、台北101のショッピングモール4階から、5階へと続く展望台チケット売り場への専用エスカレーターで行くことができます。

 

台北101展望台のチケット料金

台北101の展望台は有料となっており、5階のチケット売り場でチケットを購入する必要があります。

大人の展望台チケット料金は600元となっており、展望台への高速エレベーターに乗るための待ち時間(混み具合で時間は変動)があります。

時間的に約10分~約30分ほどの間、列に並んで順番を待つことになりますので、「順番を待たずに展望台に上りたい(下りたい)」という方は、ファストパス(1200元)を購入しましょう。

大人 600元(約2,070円)
子供 無料 身長115cm以下の子供
団体 540元(約1,860円) 20人以上の団体(要事前予約)
割引チケット 540元(約1,860円) 身長115cmを超える子供、学生、障害者手帳をお持ちの方
ファストパス 1,200元(約4,120円) 待ち時間無しの優先待遇
Skyline 460 (15:00開始:所要時間50分) 2,700元(約9,310円) 最上階101階(地上460m)の展望チケット

※「SKYLINE 460」は、台北101の最上階(101階、地上から460m)に上って景色を楽しむ、アトラクション要素のあるコースです。

※「SKYLINE 460」は年齢制限(12歳以上、75歳以下)と、身長制限(145㎝以上)があります。

※「SKYLINE 460」のチケットで、通常の展望台に入ることもでき、参加者には台北101特製記念ボトルと思い出写真のプレゼントがあります。

 

まとめ

台湾旅行に行った際に、台北101に行くべきか? 展望台に上ってみるべきか?

と悩んでいる方もいると思いますが、まず展望台に上る上らないは別として、台北101という場所には行っておいて損はないと思います。

台北101は、台湾の中でも特に有名な観光スポットの一つであり、有名ブランドや有名企業が入っている超高層タワーです。

ベタであったとしても、多くの台湾観光客が訪れるほどの魅力を持った建物であることは間違いありません。

また、台北101の展望台は、景色を見る以外にも楽しむことができるポイントが複数あり、景色には興味が無いという方にもおすすめです。

台湾旅行中のスケジュールに余裕のある方は、是非台北101に足を運んでみてください。

 

ちなみに、上記の画像に写っているのは「台北101のマスコット」で名前を「ダンパーベイビー」といいます。

当記事で紹介した、台北101を強風から守る制震装置「ダンパー」の赤ちゃんですね。

このマスコットは、日本のサンリオ社と共同開発されたのだそうです。

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

 

アクセス

名称:台北101

住所:台北市信義区信義路5段7号

営業時間:9:00〜22:00(最終入場時刻は21:15)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事
おすすめの記事