台湾はチップが必要?台湾のホテルでタバコは吸える?
スポンサーリンク

今回は、台湾旅行でホテルに宿泊する際に覚えておきたい、チップとタバコ事情についてです。旅行中、ホテルは生活の拠点となる重要な場所ですので、覚えておいて損はありません。特に、今後台湾旅行でホテルに宿泊する予定のある方は、是非ご一読ください。

スポンサーリンク

台湾でチップは必要?

海外では、チップの習慣がある国があることはご存知だと思います。

国によっては、ホテルや飲食店などでサービスを受けた際に、チップを手渡す習慣があるため「台湾ではチップが必要なのか?」と気になる方も多いようです。

これについて、結論からいうと、台湾にチップの習慣はありません

台湾のホテルでチップは不要です。

台湾では、客室係やドアマンが常駐しているホテルや、レストランの会計時にで10%~15%の「サービス料」が加算されることがほとんどです。

ドミトリーなどの小規模の宿泊施設や小さな飲食店の場合、会社やオーナーの方針によるため一概には言えませんが、サービス料が加算されることは稀です。

そのような小規模のホテルや飲食店においても、台湾にチップの習慣はないため、基本的にチップは必要ありません。

台湾の宿泊施設や飲食店によってサービス料が発生する場合と発生しない場合がありますが、どちらにせよ台湾にはチップの習慣がないことを覚えておきましょう。

もし、嬉しいサービスを受けて「チップをあげたい」と思うようなことがあった場合には、100元ほどの低額にしておきましょう。

チップの習慣がない台湾で、あまり大きな額のチップをあげると、逆に相手が困ってしまいます。

 

スポンサーリンク

台湾のホテルでタバコは吸える?

喫煙者の方や、同行者の中に喫煙者がいる方にとって、「台湾のホテルで、タバコを吸うことができるか?」は重要なポイントの1つではないでしょうか。

台湾のホテルでのタバコ事情について、結論から言うと台湾ではタバコを吸うことができるホテルは少ないのが実情です。

喫煙者の方にとっては残念な答えになりますが、台湾ではホテルの客室内は全面禁煙と法律で定められており、決められた喫煙スペース以外でタバコを吸うことはできません

そのため、ホテル施設敷地内に喫煙スペース設けられている場合のみ、その場所に限りタバコを吸うことが可能となります。

ちなみに、電子タバコは台湾では禁止されています。

IQOS(アイコス)などの加熱式タバコも電子タバコの類としてみなされ、台湾への持ち込み自体が禁止されていますので、持ち込まないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

台湾の喫煙に対する取り締まり

台湾には、タバコの「煙害防止法(菸害防制法)」という法律があり、喫煙が厳しく規制されています。

この法律の中で、ホテルなどの宿泊施設も禁煙エリアとして定められています。

また、基本的に全面禁煙となっており、屋内外に喫煙室が設けられていない場合は、敷地内でタバコを吸うことができないため、敷地外の喫煙可能な場所まで移動する必要があります。

喫煙者の方がホテルを選ぶ際には、喫煙エリアがホテルに設置されているかを確認することをおすすめします。

ちなみに、台湾では喫煙の取り締まりが厳しく、禁煙場所でタバコを吸った場合には、喫煙者に対して2,000元~最高10,000元の罰金が科されます。

台湾でのタバコ事情や、喫煙に対する取り締まりについて、詳しくは当サイトの別記事台湾の禁煙エリアはどこ?タバコを吸う人の覚えておきたいルールをご覧ください。

ホテルに喫煙ルームが無い場合、タバコはどこで吸える?

【エントランス出入り口付近をチェック】

一部のホテルでは屋内に喫煙室が設けられていたり、バルコニーで喫煙することができるところもあるようですが、台湾のホテルは基本、屋内禁煙となっています。

「では、どこだったらタバコが吸えるのか?」

台湾のホテルでは屋内禁煙となっているため、ホテル屋内に喫煙室の設置が無い限り、基本的にタバコは屋外で吸わなければなりません。

台湾のホテルも日本と同様に、ホテルのエントランス出入り口(屋外側)に喫煙スペースが設けられている場合が多いため、喫煙者の方は、エントランスの出入り口付近に灰皿が設置されていないか確認してみてください。

【周囲に人がいない場合は路上喫煙OK】

台湾では、路上の歩きタバコは禁止されていますが、路上喫煙自体は禁止されていません

ただし、携帯灰皿を持っていること、周囲に人がいないことと、そこが禁煙エリアでないことが前提です。

タバコの副流煙は周囲の人に害を及ぼすため、台湾でもその点は厳しく見られています。

路上でタバコを吸う場合は、できるだけ人通りの多い路上を避け、周囲に迷惑がかからないように路上の片隅で喫煙するようにしましょう。路上であればどこでも良いというわけではありませんのでご注意ください。

 

喫煙のマナー

台湾は喫煙に対する規制が厳しく、法律に違反すると罰金となります。

そんな台湾での旅行中に、もしかすると、街中の人通りの多い路上でタバコを吸っている人を見かけることがあるかもしれません。

もしかすると、タバコをポイ捨てする人を見かけることがあるかもしれません

しかし、それは現地の人であっても、旅行者であっても行ってはいけない行為です。

台湾の取り締まりにおいて「現地の人や、他の観光客がタバコを吸っていたから、この場所で吸って良いと思った」は通用しませんので、台湾旅行の予定がある喫煙者の方は「喫煙のマナーに反する行為は行わない」という意識をしっかりと持つことが大切です。

喫煙に厳しい台湾であっても、マナーをしっかりと守っていればトラブルになることはありません。

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事
おすすめの記事