台湾の禁煙エリアはどこ?タバコを吸う人の覚えておきたいルール
スポンサーリンク

今回は、台湾でのタバコの喫煙について詳しく紹介します。近年、日本国内でも喫煙に対する規制が強まってきていますが、台湾での喫煙に対する取り組みは日本以上です。台湾でタバコを吸う際には、注意しなければならない点がいくつかありますので、台湾へ渡航予定のある喫煙者の方は、是非ご一読ください。

スポンサーリンク

台湾の喫煙に対する法律

台湾には、タバコの喫煙を取り締まる「煙害防止法(菸害防制法)」という法律があります。

この法律では、教育機関、医療機関、公共交通機関、宿泊施設、飲食施設など、多くの施設が禁煙場所の対象として定められており、「喫煙可能な施設を探すほうが難しいのでは?」と思えるほど、いたる所が禁煙場所として定められています。

法律の中で禁煙となる施設や場所が明示してあり、タバコを吸うことができるエリアも残されてはいますが、基本的な考え方としては、喫煙可能エリアは屋外禁煙エリアは施設屋内と公共スペースと考えた方が安全でしょう。

 

スポンサーリンク

台湾の禁煙エリア

「煙害防止法(菸害防制法)」というタバコを取り締まる法律の中で、禁煙エリアとして定められているのは下記の場所です。

【禁煙エリア】

  • 高等学校、中学校、小学校、児童施設
  • 大学校、図書館、博物館、美術館、社会教育機関場所
  • 医療機構、看護機関、福祉機関、その他厚生機関
  • 官庁と公営事業機関
  • タクシー、観光バス、電車、地下鉄、空港、各駅のホームや待合室
  • 爆発物、引火性物が扱われる場所
  • 銀行等の金融機関、郵便局
  • 室内スポーツ施設、フィットネス施設
  • コンサートホール、展示場、会議施設
  • 歌劇場、コンサート会場、映画館
  • ホテル、旅館、デパート、レストラン等の飲食店
  • 3人以上が共用するオフィスや室内
  • その他、公共室内空間、自治体指定エリア、 禁煙指定のある場所

 

【喫煙可能エリア】

  • 屋外の喫煙エリア※黄色いラインの枠がある場合は、枠内で吸うことができます。
  • 屋内に設置のある喫煙室(※禁煙施設の中に、喫煙室が設けられている場合は喫煙可)
  • レストランやカフェ等の飲食店屋外のオープンエリア、屋外の屋台テーブル
  • 21時以降に営業開始(開店)する18歳以上(台湾の成人)のみ入場可能な店(カラオケ、スナック、バー、クラブ等)
  • 路上(注意有り) ※詳しくは当サイトの別記事:台湾はチップが必要?台湾のホテルでタバコは吸える?をご覧ください。

 

上記の、禁煙・喫煙エリアは、台湾の「煙害防止法(菸害防制法)」を簡単に要約したものです。

上記に記載が無い場合でも、該当する施設は他にも存在しますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

禁煙エリアでタバコを吸ったら罰金

台湾の喫煙に対する取り締まりは厳しく、台湾の喫煙を取り締まる法律「煙害防止法(菸害防制法)」に違反した場合は、喫煙者に対して2,000元~最高10,000元の罰金が科されます。

警察によって厳しく取り締まりが行われていますので、必ずその場所が喫煙エリアであるかどうかを確認してからタバコを吸うようにしましょう。

ちなみに、煙害防止法に違反した場合の罰金は、外国人観光客であっても適用されます。

知らなかったでは済みませんので、台湾の禁煙・喫煙事情をしっかりと把握しておきましょう。

 

台湾で歩きタバコやポイ捨てをしたら罰金

台湾では、歩きタバコやポイ捨てをした場合にも、台湾の喫煙を取り締まる法律「煙害防止法(菸害防制法)」に違反したことになり、喫煙者に対して2,000元~最高10,000元の罰金が科されます。

台湾では基本的には屋内の大半が禁煙エリアとなるため、必然的に喫煙者は屋外の喫煙が可能なエリアでタバコを吸うことになります。

台湾では、禁煙エリア以外の路上で喫煙している人を見かけます。

法律上、路上は禁煙の掲示がない限り喫煙可能なエリアという見方になりますが、ここで注意が必要となるのが歩きタバコと、ポイ捨てです。

周囲に人がいないからといって喫煙しながら移動したり、携帯灰皿を持参しておらず道端にタバコの吸い殻を捨ててしまったりすると法律違反です。

喫煙可能エリアであっても、周囲に迷惑がかからない場所で止まって喫煙し、吸い殻はしっかりと持ち帰るようにしましょう。

 

台湾には喫煙違反の通報(報奨金)制度がある

台湾の喫煙を取り締まる法律「煙害防止法(菸害防制法)」に違反した者を発見した場合、喫煙者を通報することで報奨金を受け取ることができる制度があります。

通報に必要なのは、「喫煙の証拠となる人物と場所が特定できる写真や動画」と「違反者の情報(個人を特定できる情報)」です。

その情報を「菸害申訴服務センター」に電話で通報し、違反者が検挙されると、報奨金(罰金の5%)を受け取ることができるという制度です。

最近は、スマートフォンで写真や動画を撮影することができることもあり、簡単に通報することが可能となっています。

 

台湾は電子タバコの持ち込み禁止

台湾への電子タバコの持ち込みは、禁止されています。

日本国内で、IQOS(アイコス)、glo(グロー)、プルームテック(PloomTECH)等の加熱式タバコを吸っている方をよくみかけますが、これらの加熱式タバコも電子タバコとみなされ、一切の持ち込みが禁止となっています。

これらのチェックは、空港の税関で行われており、機内持ち込みでも荷物を預ける場合でも持ち込むことが禁止されています。

もし、電子タバコを持ち込んだ場合は、税関で差し押さえとなります。

台湾で電子タバコを吸っている人を見かけることがあるのも事実ですが、台湾では電子タバコの販売も持ち込みも禁止されています。

台湾へ電子タバコを持ち込むことで、トラブルに繋がる恐れもありますので、持ち込まないようにしましょう。

 

喫煙時は、マナーを守り周囲に気を配りましょう

台湾でも日本同様にタバコのマナーが求められます。

喫煙エリアでのみ、タバコを吸うことができるという点では日本と同じですが、日本以上に規制や取り締まりが厳しいことを念頭に置いておくことが大切です。

タバコを吸う際には、そこが喫煙エリアであるか?子供や妊婦さんが近くにいないか?など、しっかりと確認しなければなりません。

現地の人からみれば、日本からの旅行者は大抵見た目で分かりますし、旅行者というのは自分が思っている以上に周囲から見られているものです。

台湾でタバコを吸う際には、周囲に気を配り、しっかりとマナーを守った上で喫煙をするように心がけましょう。

もし、どちらかというと「タバコが吸える場所」のことがもう少し知りたいという方は、当記事内の「喫煙エリア:路上」について紹介している台湾はチップが必要?台湾のホテルでタバコは吸える?をご覧ください。喫煙者の方にとって、裏技ではありませんが、少し気が楽になる情報を紹介しています。

 

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事
おすすめの記事