中華料理のメニューの読み方は?漢字で分かる料理の内容
スポンサーリンク

今回は、台湾旅行で中華料理を楽しむために知っておいて損はないメニューの見方をお伝えします。

台湾旅行の醍醐味の一つといっても過言ではない、台湾グルメ。

最近は、台湾の料理屋さんのメニューが日本語が書かれているものも増えてきましたが、日本人観光客があまり来ないお店では、日本語のメニューの用意が無い場合もあります。

台湾で食事をする際に、「中国語のメニューを見て、どんな料理なのかがある程度分かるようになりたい!」という方は、是非ご一読ください。

 

スポンサーリンク

意外と知らない、中華料理名の基本

実は、台湾(中華圏)の料理というのは、料理名の漢字で食材や調理方法がある程度分かることをご存知でしょうか?

日本国内の中華料理屋さんでは、日本語でメニューが書かれていたり、日本語の料理名が並んで書かれているお店がほとんどです。

そのため、中国語で書かれた台湾のメニューを見ても「なんの料理か分からない・・」という方が多いのではないでしょうか。

 

中華料理では基本的に、メインの食材・食材の部位・調理方法などが料理名に漢字で書かれています。

そのため、漢字の羅列にしか見えなかった料理名も、メニューで使われる基本の漢字さえ押さえておけば、どんな料理なのかを推測することができるのです。

中国語が全く分からないという方であっても、漢字を見れば、どのような料理かある程度は分かるようになるでしょう。

ちなみに、台湾の飲食店には料理のオーダー票が置いてある場合が多く、注文したい料理名に注文数を書き入れて店員に渡すスタイルが一般的です。

そのため、中国語を話せなくとも読むことさえできれば、指さしで注文することもできます

 

それでは、次章で台湾のメニューで頻繁に出てくる基本的な「漢字」を紹介したいと思います。

これらの漢字を知っていれば、メニューの見方も少し変わり、メニューがある程度読めるようになるはずです。

スポンサーリンク

漢字で分かる調理方法

中国語メニューの料理名は、食材を表す漢字が含まれていることがよくあります。

下記で紹介する漢字が料理名の中に含まれていれば、どのような料理なのかを推測することができます。

炸(ヂャ:zhá) = 揚げ 

例:炸大虾(エビフライ)、炸蛋豆腐(卵豆腐揚げ)

炒(チャオ:chǎo) = 炒め 

例:炒飯(チャーハン)、炒米粉(炒めビーフン)

爆(バオ:bào) = 強火(瞬時に)に火を通す 

例:爆漿雞腿捲(焼きウインナー※鳥)

烤(カオ:kǎo) =  直火焼き/熱気 

例:烤羊肉串(羊肉の串焼)、烤鴨飯(ローストダックご飯)

焼(シャオ:shāo) = 煮物 

例:紅焼鮑魚(アワビの姿煮)、紅焼牛肉麺(牛肉麺)

煎(ジィェン:jiān) =  油を使った表面焼き 

例:蚵仔煎(カキオムレツ)、生煎包(焼肉まん)

湯(タン:tāng) = スープ

例:酸辣湯(酸味と辛味のあるスープ)

上記のように料理名の中に、肉の種類を表す漢字が使われていることが多い為、なんの肉を使った料理なのかメニューを見ると分かる場合があります。

 

スポンサーリンク

漢字で分かる肉料理

中国語メニューの料理名は、食材名を表す漢字が使われていることがよくあります。

下記で紹介する漢字が料理名の中に含まれていれば、なんの肉料理であるかが分かります。

猪(ヂュ:zhū) = 豚

例:猪脚(豚足煮込み)

牛(ニィゥ:niú) = 牛

例:牛肉麺(牛肉が入った麺料理)

羊(ヤン:yáng) = ヤギ

例:羊肉串(ヤギの串焼き)

鵝(ェ゛ァ:é) = ガチョウ

例:鵝肉飯(ガチョウ肉ご飯)

鷄(ジー:jī) = ニワトリ

例:雞肉飯(鳥肉ご飯)

鴨(ヤー:yā)= アヒル、カモ

例:北京烤鴨(北京ダック)

排骨(パイグー:pái gǔ) = 骨付きバラ肉(牛・豚など)

例:排骨飯(骨付き豚の唐揚げご飯)

培根(ペイゴン:péigēn = ベーコン

例:培根起司(ベーコンチーズ)

下水(シァシュイ:xià shuǐ) = モツ(内臓)

例:下水湯(モツスープ)

上記のように料理名の中に、肉を表す漢字が使われている場合は、何の肉料理なのかが分かります。

 

漢字で分かる魚介料理

中国語メニューの料理名は、食材名を表す漢字が使われていることがよくあります。

下記で紹介する漢字が料理名の中に含まれていれば、なんの食材を使った魚介料理であるかが分かります。

花枝(ファーヂー:huā zhī)/魷魚(ヨウユー:yóuyú) = イカ 

例:花枝丸(イカ団子)

蝦(シァ:xiā) = エビ

例:鍋巴蝦仁(揚げエビのあんかけ)

蚵仔(オアチェン:ô-á-chian) = カキ ※台湾では北京語の発音(kēzǎi jiān)ではなく、台湾語の発音が一般的に用いられます。

例:蚵仔煎(カキオムレツ)

蛤蜊(グァリー:gé lí ) = ハマグリ

例:蛤蜊湯(ハマグリスープ)

上記のように料理名の中に、魚介を表す漢字が使われている場合は、何の魚介料理なのかが分かります。

 

漢字で分かるデザート

ドリンクやデザートについても、メニューに並んでいる漢字を確認することで、どのうようなデザートなのかが分かります。

汁(ヂー:zhī) = ジュース

例:柳橙汁(オレンジジュース)

冰(ビン:bīng) = かき氷

例:雪花冰(フワフワした食感のかき氷)

水果(シュイグゥォ:shuǐ guǒ) = 果物(フルーツ)

例:水果汁(フルーツジュース)

粉圓(フェンユェン:yuán fěn) = タピオカ

例:鴉片粉圓(タピオカシロップがけ)

芒果(マングゥォ:máng guǒ) = マンゴー

例:芒果牛奶冰(マンゴーミルクかき氷)

鳳梨(フォンリー:fèng lí) = パイナップル

例:鳳梨酥(パイナップルケーキ)

上記のように料理名の中に、果物やジュースや氷などを表す漢字が使われている場合は、何のデザートなのかが分かります。

 

まとめ

台湾グルメは、台湾旅行の魅力の一つです。

旅行前に、食べてみたい料理を事前にピックアップしていくのも楽しみが出来て良いですが、現地のお店のメニューを見て気になる料理を注文してみるのもまた、楽しいものです。

台湾旅行誌やネットでよく紹介される料理意外にも、台湾には美味しいグルメがあちらこちらにありますので、是非中国語のメニューの基本を押さえて、気になるメニューがあれば注文してみてください。

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事
おすすめの記事