~台湾の英雄~ 鄭 成功(ていせいこう)とは?
スポンサーリンク

今回は、国民的な英雄として、台湾で今も尚、尊敬され続けている鄭 成功(ていせいこう:Zhèng Chénggōng)という人物の要点をまとめて紹介したいと思います。

台湾旅行に行くと、目や耳にすることがある人物ですので、ご存知の方も多いと思いますが、名前ぐらいしか知らないという方は、是非ご一読下さい。

 

スポンサーリンク

鄭成功は、いつの時代の人?

鄭成功は、1600年代の中頃に活躍した歴史的人物です。

鄭成功は、37歳(1624年~1662年)という若さで病没しました。

時代としては、まだ名も無い島(現台湾)が、オランダによって植民地化された頃です。

当時、名も無い島(現台湾)は、オランダの植民地になる以前から、中国や日本の貿易拠点となっていました。

 

スポンサーリンク

鄭成功は、どんな人?

一言で言うならば、台湾の英雄です。

37歳という若さで、台湾の歴史的英雄として語り継がれる鄭成功とは、一体どんな人だったのでしょうか?

鄭成功は、西暦1624年8月27日(旧暦1624年7月14日)に台湾人と日本人の間に生まれました。

台湾人と日本人のハーフということですね。

しかも、鄭成功の出生地は日本の長崎県にある平戸です。

とても、日本と縁が深い人物だったのですね。

 

父親の名前は、鄭 芝龍(てい しりゅう:Zheng Zhī-lóng)、母親の名前は、田川マツといいます。

鄭成功の父親は、貿易業を行っていた人物で、仕事の関係上、日本に住んでいたんですね。

そこで鄭成功の母親と出会い、鄭成功が誕生しました。

鄭成功が日本にいたのは、幼少の頃までです。

以降は日本を離れ、父親の故郷である中国の「福建」へと移りました。

平戸:鄭成功居宅跡

鄭成功は「福建」へと移り、後に中国の「三国神」の一人として尊敬される人物となります。

建国に多大な貢献と影響を及ぼした、人々から尊敬を集める大人物ですね。

ちなみに、三人の国神といわれているのは、「孫文」「蒋介石」そして、「鄭成功」です。

 

スポンサーリンク

鄭成功の別名

鄭成功の一族は、密貿易を行っており、政府や商売敵などとの武力抗争が起こることもありました。

そのため、鄭一族は、私兵を持っており、武力面でも非常に力を持っていました。

また、鄭成功の父親鄭 芝龍(てい しりゅう)は、有力者であり、当時の明王朝の、隆武帝(りゅうぶてい)との関わりを持つ人物でした。

鄭成功は、父親からの紹介を機に、隆武帝(りゅうぶてい)との関わりを持ちます。

鄭成功は、隆武帝から気に入られ、「朱(しゅ)」という国姓を賜ります。

「朱」という国姓は、明においては皇帝一族が持つ姓であり、君主や皇族などだけが使うことを許される姓です。

この、国姓を賜るというのは、とても凄いことでした。

※注意:王朝によって国姓は異なります。明の時代の国姓は「朱」だったということです。

 

しかし、鄭成功は、「国姓を賜るなど畏れ多い。」という理由から、最後まで鄭の姓を名乗りました。

※人々からは、国姓を賜った、凄い人物という意味合いから、「国姓爺:guó xìng yé」と呼ばれるようになったそうです。

ちなみに、日本の皇室は姓を持ちませんので、日本には、国姓という考え方はありませんね。

 

鄭成功は何をした人?

鄭成功は一体何をして、国神として語り継がれる英雄になったのでしょうか?

時は、1644年。

中国では、明王朝(漢民族)が滅び、清王朝(満州族)が主権を握る時代でした。

鄭成功は、明を復興するために、「反清復明」を掲げて反乱を起こし、清に挑みますが、1661年に清によって鎮圧されてしまいます。

ここで、鄭成功は、台湾に拠点を移し再起を図ることにしました。

 

当時、台湾はオランダによって占拠されていましたが、鄭成功はこれを駆逐。

オランダ軍勢は、鄭成功によって、台湾から完全に撤退することになったのです。

その後、鄭成功は台湾を拠点に鄭氏政権を樹立し、再度中国大陸への侵攻を目指しましたが、1662年、鄭成功は病によってこの世を去りました。

鄭成功の意思は、息子が継ぎ、清と戦いますが、1683年に降伏し、鄭氏政権の台湾統治は幕を閉じました。

その後、台湾は清王朝の支配下に入ります。

 

鄭政権は短い期間で終わりましたが、人々にとって、西洋の侵略・植民地支配から台湾を取り戻した鄭成功は、人々にとって台湾を守った英雄、国神なのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

鄭成功(ていせいこう)という人の名前、耳にはしたことがあるだけでよく知らなかったという方、ご興味を持っていただけましたか?

オランダの侵略から台湾を守った鄭成功は、台湾の人々にとって、とても偉大な人物なんですね。

鄭成功にご興味を持たれた方は、台南に足を運ばれることを強くおすすめします。

台南は、台湾の古都であり、オランダ支配下の頃の旧跡が残る街です。

鄭成功祖廟(ていせいこうそびょう)など、台湾の歴史に触れることができる場所でもあります。

日本でいう、京都のような場所ですね。

現在、台湾といえば台北ですが、台南でしか感じることができないもの、見ることができないものも、たくさんありますので、機会があれば、是非足を運んでみて下さい。

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事
おすすめの記事