台湾のお金と種類(台湾ドル・台湾元・NT$・NTD・TWD)
スポンサーリンク

今回は、台湾のお金(通貨)の種類と、単位表記の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

はじめに知っておきましょう(台湾の通貨単位)

まずはじめに、台湾のお金(通貨)について触れたいと思います。

なぜかといいますと、台湾は、日本と違い、通貨の単位表記が複数あるからです。

日本の通貨は「円」の1種類だけでなので分かりやすいのですが、台湾の場合は、「台湾ドル」「台湾元」「NT$」「NTD」「TWD」など複数の表記があるんですね。

しかし、これら複数存在する単位。

表記こそ違いますが、実は意味合いとしては全て同じなんです。

単位が違うからといって、金額や計算方法が変わるわけではありません。

例えば、NT$5と書いてあれば、それは5元のことです。

書かれている単位が違っても、金額は同じです。

 

スポンサーリンク

台湾の正式な通貨名称は?

台湾の通貨の正式名称は『新臺幣(シンタイビー:xīntaibì)』といいます。

英語表記で『New Taiwan dollar』です。通貨の単位は『圓(ユェン:yuán)』です。※=台

複数存在する単位表記を簡単に説明しますね。

 

  • NT$    ➠ ニュータイワンドルの意味です。NTD、NTと表記されるものも、同じ意味です。
  • 台湾ドル  ➠ NT$を日本語表記したものです。
  • TWD   ➠ ISOの通貨コードです。明細等で表記されます。※日本の通貨コードは「JPY」ですね。
  • 台湾元   ➠ 台湾ドルを元で表記したものです。

 

台湾では「元(ユェン:yuán)」という通貨単位が日常的に使われています。

しかし、台湾のお金を見て頂くと分かるのですが、紙幣やコインには「圓(ユェン:yuán)」と印字(刻印)されています。

実は、「元」というのは、簡略して使われている漢字なんですね。

そのため、正式な単位の漢字としては、「元」ではなく、「圓」なのです。

ちなみに、台湾の通貨『新臺幣(シンタイビー:xīntaibì)』は、1949年に正式に発行されました。

それ以前の通貨は「旧臺幣」と言われています。

 

スポンサーリンク

「書き」と「話」で単位表記が変わる

「元(ゲン)」という通貨についてですが、これは日本の読み方であって、中華圏での発音は、「元(ユェン:yuán)」と読みます。

日本の「円」という通貨は、書いても、話の中でも「円」ですが、「元」は違います。

書く場合と話す場合で、下記のように、使われる漢字が変わります。

 

記載時:「元(ユェン:yuán)」

会話時:「塊(クァイ:kuài)」

 

お客さん
(これ、何元だろう・・?) すみません、いくらですか?

店員さん
これは、100塊だよ。裏側に値札を付けているよ。

お客さん
あ、本当だ。裏に100元って書いてある!

 

値段確認や交渉の際、数字の後に「塊(クァイ:kuài)」という単語が聞こえたら、「元」のことです。

実際の買い物で混乱しないように、覚えておきましょう。

 

台湾のお金の種類

台湾のお金も、日本と同様に、硬貨と紙幣があります。

硬貨の種類は、1元硬貨・5元硬貨・10元硬貨・20元硬貨・50元硬貨の5種類です。

ただし、20元硬貨は一時期に限り発行された硬貨で、流通量が少ない為、非常に珍しい硬貨となりました。

 

紙幣の種類は、100元紙幣・200元紙幣・500元紙幣・1000元紙幣・2000元紙幣の5種類です。

こちらも、200元紙幣と2000元紙幣に関しては、流通量が少ないため非常に珍しい紙幣となりました。

20元硬貨・200元紙幣・2000元紙幣については、日常でみかけることはほとんどない硬貨と紙幣ですので、実質、硬貨4種類と紙幣4種類が普段使用するお金になりますね。

2000元紙幣     1000元紙幣

500元紙幣      200元紙幣

100元紙幣

50元硬貨 20元硬貨 10元硬貨 5元硬貨 1元硬貨

紙幣については、ホログラムと透かし画が入っています。

上記は、台湾の紙幣で、中華人民共和国の紙幣と共通ではありませんのでお間違えの無いようにお願いします。

 

台湾為替レート

為替のレートというのは、外国通貨を取引(外貨両替)する際の交換比率のことをいいます。

この比率は、銀行や為替を扱う機関によって少しずつ違います。

また、為替手数料についても、取扱い機関、日時、通貨、取引方法によって異なります。

現在の台湾通貨の為替レートにつきましては、当サイトのfa-share-square-o台湾の為替レート&通貨変換ページ(トップメニューに設置しています)にてご確認いただけます。

台湾通貨(台湾ドル:元)のレート表示ツール及び、通貨コンバーターツールを設置しておりますので、レートや両替金額確認の際にご利用下さい。

日本通貨から台湾通貨への外貨両替

日本の通貨(円)を、台湾の通貨(元)へ交換するには、外貨両替を行う必要があります。

この外貨両替を行うことができる場所は、日本国内にも台湾内にも複数あります。

台湾旅行で現地の通貨が必要な場合においては、銀行や両替所(空港内にも有る)で、日本円を台湾元に交換するというのが一般的には多いようです。

 

ここで注意していただきたいのが、前章の「為替レート」と「為替(両替)手数料」です。

日本で外貨両替行うのと、台湾で行うのでは両替後の金額が異なりますし、外貨両替を行う店(銀行、両替専門店、ホテルなど)によっても異なります。

その理由は、銀行や店ごとに「為替レート」や「両替の手数料」が異なるからです。

台湾旅行の際は、どのタイミングで行うかによって、同じ日本円の額であっても手元に戻る両替額が違ってきますので、為替レートや手数料を確認して、できるだけ損のないように外貨両替を行いましょう。

※台湾旅行の際、外貨両替をどこで、どのタイミングで行えばよいのか?については、当サイトの別記事外貨両替とは?日本円を台湾元(ドル)に交換するタイミングで詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

 

注目の外貨両替「外貨宅配サービス」

最近では、「外貨宅配サービス」という形態のサービスがあるのをご存知でしょうか?

このサービスは、空港内で外貨両替をするよりもお得に両替ができて、尚且つ自宅まで両替したお金を郵送で届けてくれるというものです。

銀行まで直接足を運ぶことなく、お得に外貨を事前準備しておくことができるので、忙しい方にとっても利用するメリットが大きいサービスです。

 

【外貨両替マネーバンク】

ここでは(株)スターキャピタルの「外貨両替マネーバンク」という外貨宅配サービスを紹介します。

この「外貨両替マネーバンク」は銀行や両替所よりもお得に外貨両替を行うことができることも多く、旅行中に使いきれずに持ち帰った外貨を宅配サービスで日本円に戻すこともできます。

 

上記のように現在の為替レートが一目で確認できるようなサイトの作りになっています。

「外貨両替マネーバンク」で現在の為替レートを一旦確認してみる

まとめ

台湾のお金は、一見何種類もあるように思えますが、実は呼び名や表記が違うだけで、台湾の通貨は1種類しかありません。

ただし、台湾の通貨は、話し言葉と書き言葉が異なりますので、混乱しないようにご注意ください。

最後までお読みいただき、有難うございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事
おすすめの記事